「ほっ」と。キャンペーン

オンラインショップ《materi》がつづる素敵な日常


by materi-net

<   2016年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


今、インテリアでもっとも注目されているキーワード「ヴィンテージインテリア」。
Vintageとは、英語ではワインなどの年代物や銘柄物を指すワードで、
ファッションでは有名ブランドの古着など”時代を感じるいいもの”に使われます。

インテリアでも本来年代物のデザイナー家具などを指しますが、
今人気の”ヴィンテージインテリア”とは、使い込まれた感じの家具を合わせた
ラフでクールなスタイル。
天然木や皮革など、使い込むほどに味の出るあたたかみのある素材と、
無骨な印象の金属などを組み合わせた、力の抜けた都会のインテリア。
人気のカフェやアパレルショップなどもそんなスタイルのお店が増えていますよね。

DIYで作った家具や自分でリフォームしたお部屋にも合わせやすいスタイルなので、
自分流のお部屋を楽しみたい方にも取り入れやすいですね。
といっても、お部屋全体を入れ替えるのはなかなか難しいもの。
小物からヴィンテージ風のアイテムを取り入れてみませんか?




一番のおすすめはこちらのオブジェ。
c0211314_18373452.jpg
ブリキスターデコレーションM>>
アメリカンヴィンテージスタイルにぴったりなブリキ製の星型オブジェ。
最近、星モチーフは注目されていて、いろんなショップでもよく見かけます。
マテリではクリスマスのオブジェとして輸入しましたが、今でも人気のアイテムです。


実は壁にも掛けられるんですよ。
c0211314_18382074.jpg
ブリキなので軽くて簡単に掛けられます。
壁に星、ちょっといいですよね。
一緒に掛けているフレームもザラっとした質感がいい感じです。


c0211314_19052210.jpg
こんな風に電飾を使うのもおすすめです。




私の一押しはこちら
c0211314_19155909.jpg
昨年の春に買い付けに行った際、もう出ようかと思ったショールームで
最後に目に留まったアイテム。
最初はただのテーブルかと思ったんですが、よく見たらバスケットになってる!
ということで一目ぼれです。




c0211314_19245062.jpg
バスケットはブロンズカラーにし、天板はラフな木をそのままにしました。
北欧風やナチュラルスタイルのお部屋にも合いますよ。
雑誌やブランケットを入れてコーヒーテーブルにしたり、
アウトドア用の食器を入れて車に積んで出かけてもいいですよね。
芝生の上でテーブルを囲むの、何だか素敵じゃないですか?
我が家には大きいほうを置こうかな〜と検討中です。



使い方を楽しめるキャンドルホルダーも、気軽に取り入れられるのでおすすめ。
これまでも何度かご紹介していますが、これ、本当におすすめなんです。
キャンドルホルダーとしてはもちろん、グリーンやミニチュアを入れてテラリウムにしたり
お花をアレンジしたり、自分流に楽しめるアイテムです。
こちらもラフなブロンズカラーで、ヴィンテージインテリアにぴったり。



もう少し無骨な感じだとこちらも人気です。
こちらはアイアンのフレームに、ちょっと表面がでこぼこしたガラスの筒が入っています。
このでこぼこ効果でキャンドルの炎がやわらかくなって雰囲気がいいんです。
LEDキャンドルもすっぽり入りますよ。




もっとお部屋の印象をがらっと変えたい方にはこちらがおすすめ。
アンティークシルバーの木製ミラーです。
まさにヴィンテージ風のスタイリッシュな星。
壁に掛けると存在感があるので、お部屋全体の印象が変わりますよ。




もっと大胆に変えたい方にはこちら。
鮮やかなブルーが目を引くスツールです。
ベロア素材にシルバーのスタッズがスタイリッシュで、
でもこの色味がちょっとアメリカンヴィンテージ風でかっこいいんです。
アンティーク調の家具とも合いますよ。
ロックテイストの男性のお部屋にもいいですよね。




こちらも存在感バツグンです。
木製のトランクボックスにアニマルプリントのサテン生地を張っていて、
写真で見るよりハードすぎないデザインです。
ブランケットや洋服もたっぷり入るサイズなので、収納につかえるのはもちろん、
しっかりした作りなのでテーブルにもなっちゃいます。
玄関に置いて、靴入れ兼腰掛けにするのもいいですよ。




見せる収納ができるこちらもいいですよ。
ゴールドとシルバーミックスのアルミ製で、先ほどのフレームと同じくザラっとした質感です。
プレート間の高さがあるので、こんな風にディフューザーやグリーンを飾ったり、
オブジェを並べたりできます。
もうワンサイズ大きい3段タイプもご用意していますよ。



ヴィンテージインテリアには、こんなオブジェも意外と合いますよ。
c0211314_19521755.jpg
男性が好きな船のオブジェ。木製の本体にキャンバス地の帆がアンティーク風で素敵です。
海外ではこういう船のオブジェ専門のメーカーもあるぐらい、船のモチーフは大人気。
書斎にあるとちょっと大人な感じがしますよね。



同じく最近人気なのが地球儀のモチーフ。
c0211314_19524785.jpg
こちらは小さめのオーナメントで、吊るすこともできますが、
こうして転がすだけでおしゃれな感じです。
地球儀や地図のデザインは最近よく見かけますね。
なんとなく大人の遊び心をくすぐるようです。



今トレンドのヴィンテージインテリア、ぜひ注目してくださいね。





[PR]
by materi-net | 2016-03-23 20:26 | 売れ筋アイテム | Comments(0)
先日、マテリは恵比寿から代官山に引っ越しました。
みなさんの中にも、転勤や新たな門出を迎えて新生活を始める方もいらっしゃいますよね?
またはご家族やお友達を送り出す方も多いかもしれませんね。

ただいま開催中の春のクリスマスセールでは、
新生活にもお役立ちのお得なセールアイテムがあるんですよ。
ギフトをお探しの方にもおすすめです。



例えば新生活に欠かせない食器。
c0211314_19150712.jpg
クリスマスセールだからって、クリスマスアイテムだけじゃがっかりされちゃうなぁ
と、今回ちょっと迷いつつセールに追加したトルコのガラス食器。
春らしいピンクとグレージュカラーのみセールになっています。


色を合わせてコーディネートするもよし、2色重ねてもよしです。
ケーキスタンドやボウルはギフトにも選ばれていますよ。



こちらはご自宅用におすすめ。
c0211314_19150437.jpg
タイ製のクラシカルなガラス食器。
タンブラーとワイングラスは、もうこの2色しか残っていません。
厚手のガラスなので、毎日がしがし使えます。
朝起きて飲む1杯のお水や、寝る前の1杯のワインも、
できればお気に入りのグラスの方がうれしいですよね。
お皿はフルーツやサラダにどうぞ。



新居のインテリアや、春の模様替えにはこちら。
c0211314_19181434.jpg
リーフデコキャンドルホルダー>>
クリスマスで発売したのでセールにしていますが、
鮮やかなフェイクグリーンは一年中お部屋をさわやかに演出してくれそうです。



キャンドルホルダーならこちらもおすすめ。
c0211314_19174595.jpg
アンティークミラーキャンドルホルダーセット>>
名前の通り、ザ・アンティークな仕上がり。
アンティーク家具が好きな方、クラシカルなインテリアが好きな方にはおすすめです。



同じくアンティークなアイテムがこちら。
c0211314_19163159.jpg
ゴールドクラシカルミラー>>ゴールドローズミラー>>
アンティーク調デザインなのに、華奢な作りがエレガントな印象です。
黒いギフトボックスに入っているので、
新生活を始める方へのギフトにもおすすめですよ。




クラシカルなインテリアにはこちらもおすすめ。
c0211314_15005049.jpg
エンジェルウィングフック>>
アンティークな雰囲気の天使のフックです。
バッグや帽子を掛けたり、かわいいかごバッグを掛けて収納に使ってもいいですよね。


まだまだ掘り出し物が詰まったお得なセールは3/25(金)18:00まで!
ぜひお買い忘れのないよう隅々までチェックしてくださいね。

★セール会場はこちら>>



[PR]
by materi-net | 2016-03-17 16:14 | キャンペーン | Comments(0)
こんにちは、スタッフのSです♪

先日、フランクフルトのショーへ行ったついでに
イタリアのラセラミカの工房を訪問させていただきましたemoticon-0111-blush.gif

今日はその様子をご紹介したいと思います。



La Ceramica VBCの工房は、ミラノから特急で約2時間の
Vicenza(ヴィチェンツァ)という都市にあります。

Vicenza駅まで、当社を担当してくださっている
Carlo(カルロ)さんが車で迎えに来てくれました♪

c0211314_15314789.jpg
とっても穏やかで優しいジェントルマンで、
向かう途中の素敵なお城に連れて行ってくれ、案内してくださいました♪

ラセラミカは彼の叔父様が社長さん、
従兄弟とカルロさんが営業担当、
彼のご兄弟がデザイナーというファミリー企業なんです。




連れて行ってくれたお城がこちら▼▽
c0211314_15110312.jpg
Marostica(マロスティカ)というところで
山の稜線に沿って城壁が築かれ、昔のままの様子がきれいに残っています。

チェスの街と言われていて、
この広場で2年に一度、人間を駒にした巨大チェスのお祭りが行われるそうですよ。

その昔、ひとりの美しい娘に2人の騎士が恋におち
どちらかが命を落とすことを嫌った娘の父親が
人間チェスで戦うことを提案した、ということが起源になっているとかemoticon-0133-wait.gif
そういう経緯もあってか、この街は恋の街ともよばれているそうですemoticon-0152-heart.gif



c0211314_13394107.jpg
街中ではマルシェが開かれていて、
こんなにたくさんの種類のオレンジが!しかも激安!


c0211314_13464042.jpg
アーティチョークもいろんな種類が売っていて
レストランでもサラダにパスタにお肉の付け合せに
いろんなお料理に使われていましたemoticon-0163-pizza.gif



c0211314_13395371.jpg
そして素敵なチーズやさん♪
お店の方の優しい微笑みにつられ
思わず買ってしまいましたemoticon-0111-blush.gif




そんなこんなで寄り道しつつランチをしつつ
お昼過ぎにLa ceramicaの工房に到着です!
c0211314_14465846.jpg


まずショールームを案内してくださいました。
陶器製のシャンデリア、キリストの像、アンティークな調度品・・・
とてもクラシカルでセンスの良いショールームには
これまでにこの工房で作られてきた
たくさんの陶磁器がずらりと並んでいました。
c0211314_14505827.jpg

c0211314_15382746.jpg


当店で取り扱っているレースシリーズホワイトシリーズのような
モダンなデザインだけでなく、
明るい色使いが特徴的な、イタリアの伝統的な食器も作られているんですよ。
c0211314_15501023.jpg



そして、いよいよ工房の中へ♪
デザイン室ではカルロさんの弟さんが新商品のプロトタイプの
制作をしていらっしゃいました。
c0211314_16042018.jpg
たくさんの資料や試作品、顔料、クレイなどが並んでいて、
熱心な商品開発の様子が垣間見えます。




工房内を進むと、マテリおなじみのレースマグカップが♪
色付け前の状態を見られて感激です(^^)
c0211314_16475244.jpg



このあと、色付け・釉薬の段階へ。
c0211314_16580703.jpg
色付け作業は、カラーが混ざらないように
今日はピンク、明日はホワイト、というふうに
日ごとにカラーを分けて作業しているそうです。




そして、工房内の窯で約10時間
ゆっくりと焼いていきます。
c0211314_17064796.jpg
こういった流れで、ラセラミカの食器は
職人さんたちの手でとても丁寧に作られているんです。
セラミカの商品、入荷いつも遅いよね~
とか言ってごめんなさい!と今となっては反省です(^_^;)




工房の2FはSHOPになっていて、食器だけでなく
絵皿や、キャンドルホルダー、フラワーベースなど商品がずらり!
近所のご婦人がたや子供たちでにぎわっていました♪
c0211314_17151471.jpg
c0211314_18014292.jpg



カルロさんは日本の伝統や食文化にとても興味を持ってくださっていて
日本の食卓に合うようなもののサンプルを作ってくださるとのことで
何点かお願いしてきました♪

商品化されるかどうかまだわかりませんが
新商品をご紹介できる日が来ればいいなと今からわくわくしていますemoticon-0117-talking.gif

ぜひお楽しみにしていてくださいね♪




[PR]
by materi-net | 2016-03-01 10:00 | ラセラミカ | Comments(0)