「ほっ」と。キャンペーン

オンラインショップ《materi》がつづる素敵な日常


by materi-net

クリスマスツリーリボンのおしゃれな飾り方♪

クリスマスツリーをおしゃれに飾るポイントの一つはリボンの飾り方です。
ワイヤー入りのリボンを使えば、比較的簡単に素敵に飾ることができますよ。
ここではマテリ流おしゃれなクリスマスリボンの飾るテクニックをまとめてみました。
これからオリジナルでクリスマスツリーを作る方は参考にしてみてくださいね。
初めての方でも意外ときれいに飾れるので、今年はぜひ挑戦してみてください。


まずはこれまでマテリで販売してきたデコレーションツリーをご紹介します。

c0211314_14530142.jpg
これらは全て2~3本のワイヤー入りリボンを使っていますが、その飾り方はそれぞれ異なります。
左側のツリーから順番に飾り方を説明していきますね。

1:左側のツリー
赤いリボンに幅広のメッシュタイプを重ねています。
通常マテリで扱っているリボンは6.5cm幅のワイヤー入りですが、上から重ねている
ゴールドのメッシュリボンは16cmとかなり幅広です。
これが今までのリボンとは違ってよりゴージャスにボリューム感もアップしてくれます。

拡大するとこんな感じです。
c0211314_14530590.jpg
飾り方はオーソドックスですが、リボンが特殊なのでオリジナリティが出せますよ。


ちなみに、通常のリボンは9mですが、こちらのメッシュタイプは2.1mです。
150cmのクリスマスツリーには9mx1本、2.1mx3本を使いました。

2:真ん中のツリー
真ん中のツリーは、通常のリボンを2本重ねた一番基本的な飾り方です。
もちろん1本でも飾れますが、マテリではリボンは重ね使いをすることがほとんどです。
太さは同じ6.5cmのものですが、上に重ねているのはシルバーのメッシュタイプです。
今年は同じリボンはありませんが、ベロアタイプとシースルータイプを重ねるのがおすすめです。

分かりやすい例をご紹介しますね。
c0211314_15392503.jpg
こちらは、飾ってあるボールオーナメントは全く同じですが、
真ん中はリボンが1種類、左は2種類を重ねてプラスしています。
どうですか?印象が全然違いますよね。
2本を重ねて、少しずらして動きを出すことで華やかさやエレガントさが出せるんです

この飾り方は難しそうに見えて実はとっても簡単です。
ワイヤー入りのリボンを指でつまんできゅっと絞ります。
そこをツリーの枝を折り曲げて留めているだけです。
2本をまとめて留めて、あとから左右にずらして形を整えるだけです。
ワイヤーが入っているので形は最後に整えれば誰でもキレイに飾れますよ。


3:右側のスワッグ>>
こちらはツリーではありませんが、同じようにリボンを効果的に使っています。
赤色とゴール系2本の3本を三つ編みしています。
髪の毛を三つ編みするのと同じ要領ですが、力を入れてしまうと
せっかくのリボンが細く縮んでしまうので優しく編んでください。

c0211314_14524784.jpg
ここでは赤、ゴールド、ブルーブラックの3本を三つ編みしています。
複数本を重ね使いするときには、やはりシースルータイプのリボンを入れるのがおすすめです。
その方が重なった箇所の立体感が出て、より素敵になるんですよ。


ここまで説明した以外にも飾り方はいろいろありますよ。
c0211314_14520420.jpg
リボンは1本でいいという方は、こんな風に短めに折り曲げて留めるだけで
オーナメントのように飾ることもできます。
他のオーナメントとは質感が違うので、いいアクセントになりますよ。


c0211314_15040220.jpg
一番簡単なのは、枝で留めながら斜めにぐるぐる巻いていく方法ですが、
もっと効果的にリボンを目立たせたい方は、縦に流れるように飾るのも素敵ですよ。
この場合は斜めに使うより1.5~2倍の長さのリボンが必要になるのでご注意くださいね。


ちなみに、マテリでツリーを飾るときに使うリボンの本数は下記の通りです。
ツリーの幅やリボンの飾り方によって必要な本数が異なりますのでお気を付けください。
・180cmツリー 9mx2本
・150cmツリー 9mx1~1.5本
・120cmツリー 9mx1本


初めての方はリボンは難しいかなと思うかもしれませんが、やってみると意外と簡単で楽しいですよ。
特に120cm以上のクリスマスツリーを飾る方は、オーナメントをたくさん飾るよりも
面積の広いリボンを飾る方がお手頃にボリュームアップできるのでおすすめです。
ぜひこちらを参考に飾ってみてくださいね。










[PR]
by materi-net | 2014-10-11 16:30 | クリスマス商品 | Comments(0)